アルフレッド・サージェント(Alfred Sargent)

アルフレッド・サージェント(Alfred Sargent)は、イギリスの靴メーカーおよび同社のブランドである。高級な素材を使用した、グッドイヤーウェルト製法による靴を製造している。1899年、イギリス・ノーザンプトンシャー州ラッシュデンで設立。その後、親子4代に渡って親族経営が続けられている。

歴史

1899年、アルフレッド・サージェントが息子のフランクとハリーとともに、イギリス・イングランドのノーザンプトンシャー州ラッシュデンの町に「Alfred Sargent & Sons」を設立。

1915年、工場をノーザンプトンシャー州ラッシュデンのポートランドロードに移転。この工場はラッシュデンで初めて電気を使用した工場であり、従来のガスライティングから大幅に改善を果たした。

1940年台、フランクの息子・デリック(アルフレッドの孫)が経営に加入。ノーザンプトンシャー州の靴産業が驚異的な成長を遂げる時代であり、アルフレッド・サージェントはその人気の中心的なブランドであった。

1960年台、第4世代(アルフレッドの曾孫)のポールとアンドリューが経営に加入。時代により徐々に変化するファッションスタイルを取り入れていった。

1999年、ポール・サージェントの経営の下で「Alfred Sargent & Sons」は創業100周年を迎え、老舗靴ブランドとしての地位を確立した。

2018年現在、ポートランドロードの工場で少数のマスター職人により、靴の製造が続けられている。

主な商品

Armfield(ストレートチップ)

Hunt(フルブローグ)

工場紹介動画

外部リンク

公式サイト(英語)