リーガル(Regal)

リーガル(Regal)は、株式会社リーガルコーポレーションが展開する日本の靴ブランド。同社は1902年(明治35年)の創業以来、一貫して靴の企画・製造・販売を行っている。

リーガルブランドの歴史

「リーガル」のブランドは、1880年にアメリカ・マサチューセッツ州フィットマンに設立した「L.C.ブリス&カンパニー」により立ち上げられた。1893年、ボストンにリーガルのシューズショップがオープン。1913年には、社名を「リーガル・シュー・カンパニー」に変更する。

1954年、リーガル・シュー・カンパニーはブラウン・シュー・カンパニーと合併。1961年にブラウン社と日本製靴株式会社が技術導入契約を締結し、リーガルブランドが日本に上陸することとなった。

日本製靴株式会社の歴史

年月 できごと
1902年1月 実業家の西村勝三が中心となり、日本製靴株式会社を設立。
現在の東京都中央区銀座で創業した。
1903年2月 本店を現在の東京都足立区千住橋戸町に移転。本社工場を新設する。
1903年5月 軍靴の生産・販売を開始。
1945年10月 終戦により民需に全面転換し、グッドイヤーウェルト製法の紳士靴の生産・販売を開始。
1961年11月 アメリカのブラウン社とリーガル・シューに係る技術導入契約を締結。
日本で「リーガル」ブランドの紳士靴の生産・販売を開始。
1970年10月 東京駅八重洲口に、直営店「リーガルシューズ」の1号店をオープン。
1972年1月 婦人靴の生産・販売を開始。
1986年7月 紳士靴ブランド「ケンフォード」の生産・販売を開始。
1990年4月 アメリカのブラウン社より「リーガル」の商標権を取得。
1990年10月 株式会社リーガルコーポレーションに社名変更。

リーガルコーポレーションの歴史

年月 できごと
1997年7月 婦人靴ブランド「キャリーフォーズ」の生産・販売を開始。
2006年9月 婦人靴ブランド「ナチュラライザー」の1号店をオープン。
2010年8月 本店を千葉県浦安市に移転。
2012年9月 紳士靴ブランド「シェットランドフォックス」の1号店をオープン。
2016年6月 紳士靴ブランド「ケンフォード」の1号店をオープン。

定番商品

【2504NA】外羽根式プレーントゥ

1969年に販売開始された、外羽根式プレーントゥの革靴。リーガルでは初めて表底に合成ゴムが採用された。現在は甲革にガラスレザーが使用されているが、販売開始当初はスエードのみの展開だった。

【2177】ローファー

1971年に販売開始されたローファー。この時代、ローファーは世間一般に「紐無し靴」と呼ばれていたが、2177の発売とともに「ローファー」の名称が世間に認知されるようになった。

【2235NA】外羽根式ロングウイングチップ

1972年に販売開始されたウイングチップ。1960年代に百貨店別注品として販売されたことがきっかけとなり、1972年から2235の型番でラインナップされた。足先からかかとまで回り込むロングウイングと、甲革に採用された型押しスコッチグレインレザーが特徴。

【811RAL】ガラスレザーのストレートチップ

2000年に販売開始された内羽根式ストレートチップ。甲革にガラスレザーを使用し、セミマッケイ式製法で仕上げられている。お手頃な価格で、ビジネスシューズとして人気が高い。

【01DRCD】内羽根式ストレートチップ

2013年に販売開始された、ストレートチップ。フランス・アノネイ社のベガノカーフを甲革に使用し、表底はレザーソール。上品な印象を持たせるヤハズコバや、甲革の細やかなステッチが特徴。

外部リンク