レッド・ウィングのワークブーツのお手入れ方法

レッド・ウィングのワークブーツのお手入れ方法

レッド・ウィングのワークブーツのお手入れ方法

レッド・ウィング公式サイトに掲載されている、ワークブーツのお手入れ方法をご紹介します。履き込むことでエイジングが楽しめるレッド・ウィングのブーツですが、適切なメンテナンスを行うことで、より魅力的に育てることができます。

お手入れ手順

ブーツに使用されている革の種類によって適切なお手入れ方法が異なりますので、それぞれの革に合ったお手入れを行いましょう。

濃い色のオイルドレザーのお手入れ

「オロ・レガシー」「オロラセット・ポーテージ」「アンバーハーネス」「オックスブラッド・メサ」などの、濃い色のオイルドレザーのお手入れ手順です。

  1. ブラッシングでホコリを落とす
  2. 濡らして固く絞ったタオルで水拭きする
  3. 水拭きで湿ったレザーを完全に乾かす
  4. オイルを塗り込む
  5. 30分から1時間ほどオイルを浸透させる
  6. 余分なオイルを乾拭きで拭き取る

まずは靴紐を外し、全体を馬毛ブラシでブラッシングしてホコリを落とします。特にベロの窪みにホコリが溜まりやすいので、丁寧に落としておきましょう。

濃い色のオイルドレザーには、「オールナチュラル・レザーコンディショナー」か「ミンクオイル」を使用することが推奨されています。成分や効果は似ていますが、「オールナチュラル・レザーコンディショナー」は100%天然成分で作られています。

明るい色のオイルドレザーのお手入れ

「ゴールドラセット・セコイア」などの、明るい色のオイルドレザーのお手入れ手順です。

  1. ブラッシングでホコリを落とす
  2. 濡らして固く絞ったタオルで水拭きする
  3. 水拭きで湿ったレザーを完全に乾かす
  4. レザークリームを塗り込む
  5. ブラッシングでクリームを革に馴染ませる
  6. 余分なクリームを乾拭きで拭き取る

明るい色のオイルドレザーが使用されたブーツは、オイルを使用すると色が濃くなったり、色ムラが生じてしまう恐れがあります。そのため、オイル分が控えめな「レザークリーム」を使用することが推奨されています。

光沢のあるレザーのお手入れ

「フェザーストーン」「エスクァイア」「シャパラル」などの、光沢を持つべく仕上げられたレザーのお手入れ手順です。

  1. ブラッシングでホコリを落とす
  2. 濡らして固く絞ったタオルで水拭きする
  3. 水拭きで湿ったレザーを完全に乾かす
  4. ブーツクリームを塗り込む
  5. ブラッシングでクリームを革に馴染ませる
  6. 乾拭きでツヤを出す

ベックマン・ブーツなどの光沢のあるレザーが使用されたブーツのお手入れには、レザーに潤いを与えつつツヤを出す「ブーツクリーム」を使用することが推奨されています。汚れ落としまでの手順はオイルドレザーと同様ですが、「ブーツクリーム」を使用することでツヤのある仕上がりとなります。

ラフアウトレザー(スエード)のお手入れ

起毛面を表に使う「ラフアウト・レザー」のお手入れ手順です。

  1. ブラッシングでホコリを落とす
  2. 汚れが気になる部分はラバーで擦って落とす
  3. レザー・プロテクターを吹き付ける

ラフアウトレザーはオイルを入れなくても劣化しにくいように鞣されているため、オイルを入れる必要がありません。お手入れで行うことは、汚れを落とし、毛並みを整えて、汚れを付きにくくすることです。

ラフアウトレザーには専用のブラシが用意されていますので、これを使ってホコリを落としつつ毛並みを整えていきます。

ブラッシングで取れない汚れには、付属のゴムを使って、消しゴムで字を消すように汚れを落とします。その後、ゴムの削りカスをブラッシングで落としながら毛並みを整えます。

仕上げに撥水・保護効果のあるレザープロテクターをスプレーして、汚れを付きにくくします。

ブラッククローム、クロンダイクのお手入れ

「ブラック・クローム」「ブラック・クロンダイク」などの、表面にしっかりとした塗装が施されたオイルドレザーのお手入れ手順です。

レザー表面の塗装がしっかりしているうちは、レザーに含まれるオイルが乾きにくく、頻繁なオイル補給は必要ありません。塗膜が擦れて薄くなってきた頃から、時々オイル塗布を行う程度で十分です。

  1. ブラッシングでホコリを落とす
  2. 濡らして固く絞ったタオルで水拭きする
  3. 水拭きで湿ったレザーを完全に乾かす
  4. オイルを塗り込む
  5. 30分から1時間ほどオイルを浸透させる
  6. 余分なオイルを乾拭きで拭き取る

塗布するオイルには、「オールナチュラル・レザーコンディショナー」か「ミンクオイル」を使用することが推奨されています。成分や効果は似ていますが、「オールナチュラル・レザーコンディショナー」は100%天然成分で作られています。

「ブラック・クローム」「ブラック・クロンダイク」は、ブーツクリームで磨くことでツヤを増すこともできます。キズをカバーするための補色も行う場合は、ブラックのブーツクリームを使用してください。クロンダイクの茶芯レザーの経年変化を楽しみつつ、ツヤも出したい場合は、ニュートラル(無色)のブーツクリームを使用してください。

スポンサーリンク

お手入れを行うタイミング

オイルドレザーの場合は、革の表面が乾き気味に感じた頃がお手入れのタイミングです。ラフアウトレザーの場合はオイル補給の必要がないので、汚れが気になったタイミングで汚れ落としを行いましょう。

また、日頃のお手入れとして履き終わった後に毎回ブラッシングを行うことで、その日付いたホコリや汚れを落として、綺麗な状態を長く保つことができます。片足あたり数秒間のブラッシングを行うだけで十分なので、日頃からブラッシングを行う習慣を身につけると良いでしょう。

[コロニル] 馬毛ブラシ 17cmx5.4cmx4.5cm CN044042 Black F
  • Collonil(コロニル)
  • 価格:¥ 1,338¥ 1,650

動画でお手入れ手順を見る

レッド・ウィングのワークブーツのお手入れ方法は、動画でも紹介されています。レッド・ウィング公式のYouTubeチャンネルでは、それぞれの革に合わせたお手入れ方法が紹介されていますので、詳しく手順を知りたい方は、動画をご覧ください。

「RED WING JAPAN」YouTubeチャンネル

お手入れカテゴリの最新記事